五十肩

HOME > 五十肩

五十肩

五十肩の症状として、「肩から腕にかけての痛み」と「腕の動きが制限されること」の2つです。 五十肩の痛みはある日突然くることもあるし、じわじわと来ることもあります。 どちらかといえば後者がほとんどで、前者はそれほど多くはありません。 痛みと同時に肩の腫れや熱っぽさを伴うこともあります。

痛む場所は肩から上腕(二の腕)にかけてが多く、
  • 肩を動かした時に痛む
  • 夜、痛みが強く出る
  • 腕を後ろへ回すと痛い
  • 腕が上がらない
  • 動く範囲が狭くなってくる
などが五十肩の特徴です。
※五十肩は、治療期間が長くかかるケースが一般的ですが、当院の行う特別治療では治療期間が短くなります。
 痛みが出て1週間以内ですと、驚きの効果が実感できます。(即日に軽減される方も珍しくありません。)痛みが出てから1ヶ月以内が勝負です。
肩の痛みは、ちょっとした痛みでも悩まずにご来院ください。早期治療が完治までの時間を左右します。

施術動画

五十肩 症例集

東大阪市 川田 50代 女性

 3ヶ月前から腕が動きにくくなり、夜寝るときにも痛みが出るようになったので来院されました。

 こちらの患者さまは肩関節の動きが悪かったので、肩関節をストレッチするように大きく動かし、動きやすさを出していくと共に、肩周囲の筋肉の張りが動かしにくさの原因となるので、電気ホットパックで張りをとりました。

 通院されてから一週間、夜間の痛みが徐々に取れていくと同時に、腕の動かしにくさも筋肉の張りがとれていくのに比例して、動くようになられました。

 完全に腕が上がるようにを目標に、現在も来院されています。

大東市 灰塚 60代 男性

 シャツを脱ぐ時に腕が回りにくくなり、整形外科受診し、五十肩と診断され、来院されました。

 肩周りの筋肉の張りをとって、腕を大きく動かして回りやすく施術した後、家で出来る肩の運動をアドバイスし、実践して頂きました。
 五十肩を冷やしては身体が悪化しやすいので、保温するようにアドバイスしました。

鶴見区 Iさん 40代 男性

 Iさんは右上腕、前腕のしびれと肩甲骨内側のだるさがあり、レントゲンでは頸椎5~7の狭小化ストレートネックとの診断されたそうです。就寝時に、腕が痛くて眠りにくいとのことで来院されました。

 頚・肩・肩甲骨の周囲筋を手技で行い、筋肉を暖め、頚部、右肩の刺激治療を行いました。

 上向きで寝ているときに枕が高く、頚椎の幅が狭くなるため、ご本人様はしびれが生じ、しんどくなると言われていました。

 2~3回目の治療で夜は随分眠りやすくなり、完全にしびれが取れたわけではないが、治療の度に、徐々に楽になっているとのお声を頂きました。

 長期間うつむく姿勢などをしていると、ストレートネックになりやすいので、適度な休憩や頚・首周りの軽いアドバイスをしました。

トップへ