鍼灸治療

HOME > 鍼灸治療

鍼治療

鍼 電気 身体に髪の毛ほどの太さ(直径0.2mm前後)の鍼を、患部または遠隔部位の「ツボ」に刺し、そこに電気を流す事によって深層の筋肉の緩和、自律神経の不調和を整えていきます。

肩コリ、腰痛、膝痛、五十肩、坐骨神経痛等の身体的な痛みや、自律神経の乱れなどに効果があります。

鍼治療は筋肉の深層に「こり」がある方や、自律神経の乱れがある方にぜひおすすめしたい施術です。
楽々堂整骨院では、ポイント局所鍼(初めて鍼を体験される方、苦手な方にオススメ!)や全身調整鍼、小顔美容鍼、お子様向けの小児鍼(夜泣きやかんむしなどに)などを取り扱っております。
  • 当院で使用する鍼はすべてディスポーザブル(使い捨ての鍼)を使用しております。
  • 鍼の保険治療も取り扱っております。(保険を使う場合は医師の同意書が必要です)

鍼って痛くないの?

腰 私たちはよく、患者様から「鍼って痛くはないですか?」と質問を頂きます。
当院の施術で用いる鍼の太さは髪の毛くらいですので、刺してみても逆に何をされているのか解らないくらい、何も感じないです。

鍼灸の保険適応について

鍼灸の保険は神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症の6疾患の病名で医師の同意書が発行された場合に取扱いが出来ます。
ただし同病名で医療の併給は出来ませんのでご注意下さい。
  • 同意書は当院にあります
  • 同意書はかかりつけの医師に記入してもらうのが理想です
  • 保険者によって取扱いが出来ない場合がありますので、まずは保険証をご確認の上受付へお尋ね下さい。
詳細は当院までお気軽にご相談ください。

鍼灸治療 症例集

東大阪市加納のOさん 60代女性

Oさんは数ヶ月前から右膝に痛みが出現し、病院でレントゲンを撮ってもらった結果、膝の軟骨がすり減ってきているという事で湿布が出て、特に治療はありませんでした。

膝関節は体の中でも特に体重の負担がかかりほとんどの方が年齢と共に軟骨がすり減ってきます。
ただ、体も骨だけで支えているわけではないので周りの筋肉を調整したり、
膝のズレている軸を調整する事でかなり痛みが改善するケースもあります。

お医者さんで注射をうつのも一つの手段ですが、鍼治療で痛みが改善されるケースもありますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

東大阪市 加納 Tさん 60代女性

 左眼横の筋肉がピクピクと痙攣する為、病院へ受診されるも「ストレスか何かでは」との診断されました。その後眼科へ受診されましたが、「疲れからくる神経痛のようなもの」と診断されました。特に処置も無いまま帰宅されたものの、それからも症状が治まらないために、当院へ来院され、鍼治療を行なうことになりました。

 施術のために顔に刺す鍼は、髪の毛よりも細い鍼を使用しました。目の周りのツボに鍼を刺し、パルスという鍼に電気を流す機械で施術を行い、血流を良くし、神経の働きを良くするようにしました。

 約一週間で症状は軽減し、今は全く痙攣も起こらなくなって、ご本人様は非常に喜ばれています。

 鍼は万能ではありませんが、非常に良く効く症状もありますので、つらい痛み等で悩んでおられる方は、一度当院へご相談ください。

 症状が良い方向へ向かうように、最善の処置を行います。

トップへ